京都観光 > 京都のグルメ総合ランキング > 京都のうどん・そばランキングTOP5
  • 総合
  • 寿司
  • ラーメン
  • うどん・そば
  • スイーツ
  • 肉
  • 鍋

京都のうどん・そばについて

京都で食べるなら、京うどん

京都のうどんの特徴は、「麺ではなく、汁を楽しむためにある」ということ。

具体的な内容や薬味が各店によって異なりますが、拘りの強いダシがポピュラーとなっており、汁まで飲み切ってしまうお客様がほとんどのようです。

そんな京都で楽しめる「たぬきうどん」は、細切りの油揚げと葛あん、おろし生姜という、ちょっと変わった味わいです。

麺と汁の絡みが抜群のあんかけ風となりますので、他地域の人には珍しい料理と言えるでしょう。

人気の京野菜・九条ネギは、薄味のダシを引き立てる素晴らしい薬味と位置付けられています。

ニシン蕎麦も有名です

京都で食べられるニシン蕎麦は、鰊の甘露煮をかけ蕎麦にトッピングしたもの。

関西風の薄口のダシに、うどんと同じように九条ネギを盛って楽しむスタイルです。

内陸部に位置する京都では、保存食の乾燥ニシンを使う傾向があり、この風習は1882年から続いています。

京都では、生蕎麦ではなく茹で蕎麦を使っており、二度茹ですることで、非常に柔らかい食感に仕上げています。

コシの強い蕎麦を食べ慣れている人からすれば違和感の強い食感かもしれませんが、敢えてそういう料理に仕上げているということを、覚えておいた方が良いでしょう。

ニシンの天ぷらを乗った蕎麦は東北地方にもありますが、ニシンの甘露煮というのは、京都限定の味わいです。

またうどんと同様にあんかけで食べる蕎麦も多数ありますので、体を温めたい時には、最高の料理と言えるでしょう。

京都駅にある「松葉」さんでは、冷やしとろろにしん蕎麦や、にしん丼もありますので、京都のグルメや食文化を知るために、セットでオーダーしてみてください

京都では年越し蕎麦にもニシンが乗っていますので、家庭でも郷土料理としてのニシン蕎麦を食べる方々が多い地域となっています。