京都観光 > 京都のグルメ総合ランキング > 京都の寿司ランキングTOP5
  • 総合
  • 寿司
  • ラーメン
  • うどん・そば
  • スイーツ
  • 肉
  • 鍋

京都の寿司について

鯖寿司で有名な、京都エリア

日本海まで遠いという理由で、鮮魚がなかなか手に入らなかった京都では、保存食としての寿司がご馳走とされるようになりました。

その中でも代表的な存在は、催事やお祝いの席でも登場する、鯖寿司。

若狭湾で獲れた鯖を運んだ「鯖街道」もあることから、京都と鯖寿司は切っても切れない縁となっています。

そんな鯖寿司は、「いづ重」などの老舗お寿司屋さんでも食べることができますが、京都のソウルフードということで、スーパーやデパートなどでも購入可能です。

本場の味は専門店で食べるのが理想的となりますが、お寿司屋さんに立ち寄る余裕がない人は、売店などでテイクアウトをして気軽にグルメを楽しんでも良いでしょう。

JR京都伊勢丹内にある「朽木旭屋」では、1本から鯖寿司の購入が可能です。

酢飯よりも分厚い鯖を使ったお寿司は、見ただけで圧倒されるボリュームに仕上げられています。

宝石のような、ばら寿司

京都で食べられるばら寿司は、生ものが苦手な子供でも食べられる、人気の京料理です。

ばら寿司も保存食という意味合いが強いため、火を通した海老、白身魚、銀杏、きぬさや、厚焼き玉子、じゃこ、かんぴょう、桜でんぶなどが色鮮やかに盛られています。

ばら寿司は大阪・京都が発祥とされていますので、観光の際にはぜひ食べていただきたい味わいです。

手軽に楽しめる、箱寿司

蒸したハモやサワラを使った箱寿司は、箱の中で作られた押し寿司のようなイメージです。

カウンターで楽しむ江戸前寿司ばかり食べている人には少し驚きの存在かもしれませんが、実際に食べてみると、京料理らしい丁寧な職人技が実感できることでしょう。

鯖寿司、ばら寿司、箱寿司を総称して「京寿司」と呼ぶこともあり、京料理の割烹や懐石料理店などでも出されています。

京都におけるお寿司は、郷土料理的な意味合いが大きいようです。