京都観光 > 京都のグルメ総合ランキング > 京都の鍋ランキングTOP5
  • 総合
  • 寿司
  • ラーメン
  • うどん・そば
  • スイーツ
  • 肉
  • 鍋

京都の鍋について

京都の定番、豆腐鍋

日本最初の湯葉が伝わった比叡山麓にある京都は、湯葉や豆腐を使った精進料理が豊富なエリアです。

そんな京都で鍋を楽しむなら、美容や健康に常に良い、豆腐鍋にチャレンジしてみてください。

老舗の湯豆腐専門店「南禅寺 順正」では、爽やかなかぼすの香りが漂う湯豆腐コースが3,000円前後で楽しめます。

旅を続けると胃も疲れてくるものですが、そんな時にサッパリ系の湯豆腐を食べれば、体も心もリフレッシュされることでしょう。

京都牛のすき焼き

黒毛和牛と類似の品種とされる京都牛は、最高ランクのA5を獲得しており、すき焼きやしゃぶしゃぶにピッタリの、上品な舌触りのお肉。

日本最古の和牛書「国牛十図」に登場する京都牛は、丹波牛という名前で親しまれることもあるようです。

「萬治郎」などの京懐石専門店では、京都牛のすき焼きやしゃぶしゃぶを鍋物として提供しており、その価格は7,000円前後となっています。

口の中でとろける上質な京都牛なら、ステーキなどが苦手な高齢の皆さんでも、安心して楽しめることでしょう。

美容と健康に良い、鴨鍋

冬の風物詩・鴨鍋は、冷え性の女性に嬉しいヘルシーメニューとなっており、高タンパクの鴨肉を九条ネギと一緒に食べれば、疲労回復効果も期待できるとされています。

京都市内の鴨鍋で最も有名なのは、老舗のお蕎麦屋さん「桝冨」。

鴨鍋は予約制となりますが、1人前3,300円で美味しいお肉が楽しめるということで、多く観光客が訪れる人気店です。

鴨肉の脂は血液サラサラに導く効能もありますので、高コレステロールや生活習慣病に悩む人に適した鍋料理と言えるでしょう。

出汁ポン酢で楽しむのが一般的ですが、サッパリとした大根おろしで食べるスタイルも人気です。

最後の〆となる雑炊目当てのお客様もたくさんいますので、ぜひオプションで注文してみてください。