京都観光 > グルメ > 蕎麦屋 にこら

蕎麦屋 にこら


京都らしい町家で楽しむ!蕎麦屋 にこら!

若い世代に人気の高い「蕎麦屋 にこら」は、昭和初期に作られた京町家をモダンにリフォームしたお洒落お蕎麦屋さんです。

カフェ感覚で過ごせる店内は、デートや女の子同士のランチにも適した空間です。

「らしくない蕎麦屋」をモットーにリフォームを行っているため、これまで他のお店にネガティブなイメージを抱いていた人でも、満足できる斬新な存在と考えて良いでしょう。

建築物としての見応えもあるため、京都の町家巡りをしている観光客の皆さんでも、入店し甲斐のあるお店です。

こにらでは一体どんな蕎麦を食べられるの?

こにらでは「自家製粉 石臼粗挽き 手打ち十割蕎麦」のみを提供しています。

外観ばかりをクローズアップされることの多い「こにら」ですが、実際は蕎麦のクオリティも非常に高いため、空間と料理のコラボレーションを堪能したい人でも満足できるお蕎麦屋さんです。

こにらではそんなメニューが楽しめるの?

平日昼の部では「好きな物を好きなだけ」というコンセントで、アラカルトメニューを中心に美味しいお蕎麦を提供しています。

からすみやフルーツトマト、京鴨、九条ネギなどの変わった素材を使った蕎麦が多いため、食の冒険を楽しみたい皆さんでもワクワクできるラインナップです。

また一品物として「鴨つくね」や「自家製にしん棒」なども提供されていますので、蕎麦だけでは物足りないと感じる人でも満足できるメニュー構成と言えるでしょう。

土日祝日の昼と平日の夜の部は、御一人様2,160円の「セットメニューのみ」の提供となりますが、お蕎麦以外に季節の素材を生かしたお料理も付いてくるため、トータルバランス的に満足度の高い内容に仕上げられています。

こにらでは甘味処かと思わせるような杏仁豆腐やぜんざいも揃えていますので、ぜひ食後にチャレンジしてみてください。