京都観光 > 宿泊 > 柊家

柊家


日本を代表する極上旅館!柊家とは?

お客様を家族のようにおもてなしする「柊家」は、有名作家の川端康成が多く利用した旅館として知られています。

玄関にはこの旅館のコンセプトとも言える「来者如帰」の額が掲げられているため、ホスピタリティ重視の宿であることを入館時から感じられる宿泊施設と言えるでしょう

極上の食事と京都滞在を演出してくれるサービスばかりの旅館ということで、1年を通してたくさんのお客様からの予約が絶えない存在となっています。

昭和の風情溢れる旧館

数奇屋造りの旧館は、レトロな空間を楽しみたい人に最適なお部屋です。

冬には庭から真っ白な雪景色も眺められるため、日本の風情に興味を持つ外国人観光客から人気の高い客室となっています。

新しい魅力が凝縮した新館

若い世代の皆さんに嬉しい設備を整えた新館は、現代風の旅館が好きな皆さんから大人気です。

和洋室のベッドルームは、床で寝ることに抵抗のある人にも安心できる眠りを提供します。

漆や檜がふんだんに使われたお部屋は、芳香浴効果も抜群です。

柊家でミシュランの味を堪能する

1泊2日の全てをサービスと位置づける「柊家」では、全ての宿泊プランに夕食と朝食を付けています。

2年連続ミシュランの星を獲得しており、「料理を楽しむ」という目的で訪れる宿泊客もたくさんいます。

朝食は、体に優しい湯豆腐や焼き魚、京野菜を使ったおばんざいなどが中心です。

夕食は、色鮮やかな汁椀やお造りなども登場しますので、ワクワク感満載の内容と考えて良いと言えるでしょう。

清水焼や素晴らしい塗の器などに盛られた料理は、目でも楽しめる内容です。

仲居さんの説明もきちんとしていますので、京料理を通して「食の知識を深める」という意味でも収穫の多い内容と言えるでしょう。