京都観光 > グルメ > 嘯月 (しょうげつ)

嘯月 (しょうげつ)


漫画「美味しんぼ」にも登場!嘯月 (しょうげつ)とは?

繊細な和菓子を作ることで知られる「嘯月 (しょうげつ)」は、人気漫画の「美味しんぼ」でも紹介されたことのある、話題のお店です。

初代の店主は名門「虎屋」で修業を積んでおり、和菓子への熱い想いを胸に大正5年、嘯月をオープンさせました。

季節感溢れる生菓子!

嘯月で最も有名な「季節のきんとん」は、お茶会などでも注文される人気メニューのひとつです。

日本一とも言える柔らかな餡は、季節の色合いを使ってセンス良く仕上げられています。

1つ350円という驚きのお値段で販売されていますので、スケジュールを上手に調整して、予約を入れてみてください。

嘯月の和菓子を旅館やビジネスホテルに持ち帰り、美味しい京都のお茶と一緒に楽しむスタイルも人気となっています。

ショーケースのない店内!

「予約の入ったお菓子だけを作る」という方針を崩さない嘯月には、普通の和菓子屋さんにありがちなショーケースが存在しません。

初めて訪れた人には衝撃のシステムですが、「自分がオーダーしたお菓子が待っていてくれる」と考えれば、おもてなしの心が詰まった仕組みのお店と言えるのです。

基本的には前日までの予約で和菓子を作っているため、京都観光に訪れた初日に注文をすると良いでしょう。

嘯月を手軽に楽しめる店もある!

スフェラ・ビル内にある「せせらぎ すふぇら」では、嘯月の和菓子を気軽に楽しめるセットメニューを用意しています。

多忙な観光スケジュールの中で嘯月のお菓子を予約できない人でも、「せせらぎ すふぇら」を利用することで美味しいお茶と季節のスイーツを両方楽しめると言えるでしょう。

すふぇらは有機素材の日本茶を提供していますので、お茶へのこだわりの強い人でも納得できるお店です。