京都観光 > 宿泊 > 助六

助六


アットホームなゲストハウス・助六!

京都西陣の一角にある「助六」は、個室3室のみというこじんまりとしたゲストハウスです。

オーナーが打つ「手打ちうどん」なども楽しめるため、ゲストハウス初心者にピッタリの空間です。

各部屋では布団と枕だけが利用可能となっていますので、シンプル・イズ・ベストの旅を楽しみたいお客様が多く訪れています。

おひとりさまにはドミトリーが人気です

助六には二段ベッドが並ぶ「ドミトリー客室」がありますので、気ままな一人旅を楽しみたい人でも気軽に宿泊できます。

また仲間と一緒に食事やお酒を楽しめる共有スペースもあるため、早めにチェックインをしてオーナーや他の宿泊客とのコミュニケーションを満喫しても良いでしょう。

ビジネスホテルやカプセルホテルは1人の夜が孤独になってしまう傾向がありますが、色んな人と触れ合える助六に宿泊すれば、初対面のひと達との「繋がり」が生まれます。

一人旅をしている者同士が一緒に散策をするスタイルも人気となっていますので、仲間探しの一環で助六を利用しても良いでしょう。

外国人とも知り合える!?

ゲストハウス助六にはたくさんの外国人が宿泊しているため、日本人以外とのコミュニケーションを求める人にも嬉しい空間となっています。

外国人観光客の中には日本人ガイドを求めている人もいますので、一緒に京都の名所をまわる形で、「ガイド風の旅行」を楽しんでみても良いでしょう。

オーナーが美味しいうどんを振舞う「うどん処」にはいろんな宿泊客が訪れるため、ゆっくりと京風うどんを食べながら世界各国の話を聞くスタイルも人気です。

助六という旅の拠点をきっかけに外国人同士の交流が生まれるケースも多いため、友達作りを希望する人は、スマートフォンや名刺などを上手に活用してみてください。