京都観光 > お土産 > 入浴剤 まゆシリーズ

入浴剤 まゆシリーズ


丹後織物工業組合とは?

入浴剤 まゆシリーズを販売する丹後織物工業組合は、丹後地方で生産された絹加工品の検査や生産などを市場に送り出すサポートを行う組合です。

新商品の開発や消費者に向けたPR活動なども行っており、丹後エリアの織物工業をさまざまな角度から活性化する役割を担っています。

組合のサイトでは「丹後ちりめん」や「きものの種類」の紹介も行われていますので、絹糸や着物に興味のある人は、ぜひチェックしてみてください。

入浴剤 まゆシリーズとは?

まゆシリーズは、繭の糸を構成している天然のタンパク質成分「絹セリシン」を配合した入浴剤シリーズです。

繭を思わせる乳白色となっており、ほんのり漂うシトラスの香りがリラクゼーションに高い効果を発揮します。

赤ちゃんからお年寄りまで使える優しい処方となっていますので、これまで他の入浴剤で肌トラブルを起こしてしまった非知でも安心です。

保湿機能や皮膚の保護効果、紫外線カット機能、肌刺激対策もできる絹セリシンは、さまざまな肌の悩みを抱える皆さんを助ける存在として注目されています。

まゆシリーズには、どんなラインアップがあるの?

石鹸やシャンプー、コンディショナーなども発売しているため、バスルーム内を全て「まゆシリーズ」で統一することも可能です。

家族みんなで使えるメリットもあるため、日用品代の節約をするにもまゆシリーズで揃えるスタイルがおすすめとなっています。

保湿も一緒に行ってみましょう!

絹セリシンの原液「まゆのゲル」は、凝縮された保湿液として多くの女性に愛用されています。

また気軽に使えるハンドクリームも発売されていますので、自分のライフスタイルに合わせて試してみると良いでしょう。

天然の保湿成分絹セリシンで満たされた肌は、次第に自活していきます。