京都観光 > お土産 > キットカット 抹茶味

キットカット 抹茶味


キットカット 抹茶味って何?

キットカットは、ネスレから発売されているウェハースをコーティングしたチョコレート菓子です。

日本では1973年から発売されるようになり、現在ではスーパーで販売されているチョコレートのキットカット以外に、全国各地の名産品とコラボした「ご当地キットカット」が発売されるようになりました。

京都のご当地キットカットは「伊藤久右衛門宇治抹茶」をたっぷり使用した贅沢な内容で、駅や高速道路のサービスエリア、普通のお土産屋さんなどで販売されています。

どうして京都には抹茶のお菓子が多いの?

日本に茶の種子を持ち込んだ栄西禅師は、京都郊外に居を構える明恵上人に抹茶法を引き継ぎ、国内の茶の普及に尽力した人として知られています。

また京都は室町時代から茶道が文化のひとつとして大成したため、「宇治の抹茶を使って作動を楽しむ」という風習が、茶人の間でなくてはならないものとして浸透していったのです。

この2つの歴史から考えても、京都は古い時代から抹茶に親しんでいた地域であることがわかるでしょう。

そして近年では抹茶を取り扱うスイーツ専門店なども増え、茶道と触れる機会の少ない若者の間でも、お茶や抹茶がポピュラーな存在としてしられるようになりました。

キットカットはこんなシーンでも使える!

12枚500円というリーズナブルな価格で購入できる「キットカット抹茶味」は、友人知人へのお土産として最適な御菓子です。

特にオフィスでは休憩時間などに気軽に食べてもらえるため、「配るためのお菓子」として購入すれば、同僚たちに喜んでもらえるメリットも得られるでしょう。

またお土産の購入費用が抑えられるという利点もあるため、旅行先での出費が増えすぎた時には非常に有難い存在になると言われています。

子供から大人まで美味しく食べられるキットカットなら、京都の和菓子が苦手な人にも満足してもらえることでしょう。