京都観光 > グルメ > ちりとり鍋 伊山

ちりとり鍋 伊山


ちりとり鍋って何ですか?

ちりとり鍋は、大阪コリアンタウン発祥の料理です。

普通の鉄板では汁が流れてしまうということで、鍋風に加工したステンレスを使った「韓国風すき焼き」が登場しました。

鍋の形が「ちりとりに似ているから」という理由がこの鍋のネーミングに繋がっていますが、今では大阪京都エリアで楽しめる鍋の愛称として親しまれる存在となっています。

京都で食べられるちりとり鍋は、コラーゲンたっぷりのホルモンを使った味わいです。

秘伝のタレに絡められた5~7種類のホルモンとボリューム満点の野菜が辛味噌によって小煮込まれていきます。

ホルモンには疲労回復効果もありますので、京都散策の疲れを癒したいと考える皆さんにも嬉しいメニューと位置づけられるようになりました。

ちりとり鍋 伊山とは?

「伊山」は、近江牛のホルモンをたっぷり使った厳選素材のちりとり鍋専門店です。

濃厚な味わいで知られる青森県田子町のニンニクを使っているため、滋養強壮にもかなり高い効果を発揮します。

ちりとり鍋の最後に楽しむラーメンが特に話題となっていますので、鍋とラーメンを両方楽しめるお店として訪れてみても良いでしょう。

伊山にはどんなメニューがありますか?

伊山では多彩な肉を使った鍋メニューを取り扱っていますので、京都観光の度に訪れても新たな味わいと出逢えるお店となっています。

最もベーシックな「ホルモン鍋」には、4~5種類のホルモンとたくさんの野菜が盛られており、外国人観光客でも満足できる味わいに仕上げられています。

また〆の雑炊やうどんも絶品となりますので、ぜひ最後までちりとり鍋の良さを堪能してみてください。

他には、和牛プルコギやハラミを使った鍋メニューも用意されていますが、低カロリーの鍋を求める女性には、ホソと呼ばれる小腸だけを使った「ホソ鍋」がおすすめです。